劇場版 艦これ を観てきました。感想など。

a0083924_17100433.jpg
劇場版艦これを観てきました。
先週、公開するという話を聞いて、席が空いてたら観にいこうと思っていて、
昨日の夜に席取りをしてきました・・・。
ネット予約とかできれば良いんだけど、中々不勉強でそこまでできず、現地に赴くしかないのだった。
簡単に内容としては面白かったと思います。艦これが好きな人には楽しめると思います。
・・・ただ、内容としては微妙だったかな・・・もうちょっと焦点を固めておけば良かったと思いました。




以下、ネタバレ感想(反転させてます)
戦闘シーンは迫力があってカッコ良かったのでとても満足できました。
・・・ただストーリーの焦点が如月だったり吹雪だったり・・・または戦闘だったりでどうしたいのか分からなかった。
この構図は後半に行くに従ってごちゃまぜになっていって、終盤では、
コレ、時間内に全部終わるのか・・・?
という不安に駆られるようになり、そして始まったのが吹雪の自分との邂逅みたいな・・・?
言いたいことや伝えたいことは分かるんだけど、イマイチ何を言ってるのかどうなってるのか(特に前者)
分からなくて、まるで電波のような会話が続いたと思ったら、敵部隊もろとも消滅してしまった。

結局アイアンボトムサウンドから出てきた敵部隊はなんだったのか・・・
接近していた敵部隊はどうなったのか・・・
明確に敵部隊に勝利や打倒した描写がなく、むしろ絶体絶命的な描写がされていたので、
敵部隊の消滅により危機を脱出!というイマイチ達成感やカタルシスを感じにくい終わり方になってしまったのが
残念なのかもしれない・・・。

最後の如月うんぬんも結局再会するんだったら、一度消滅させる必要はなかった・・・と思うし、
如月に重点を置けていればもっとじっくりと描くことも出来て感動を得られたんじゃないかと思いました。


他、明かされた情報や設定についてはそんなものじゃないかと思いました・・・
ただPTボートや砲台や浮遊要塞や戦艦棲姫の後ろの腕ゴリラとかああいうのは、どこから出てきてるのかは気になった感じかな。
というか海を赤くして腐臭かなにかで兵装にダメージを与えて更に環境破壊とか、やることが割ととんでもない^^;
ここまでくると深海棲艦の目的や生態が分からなくなる。色々と考えることが出来るのは面白いけども。。。

[PR]
by metal-animal | 2016-11-26 18:03 | Comments(0)
<< 鈴奈庵6巻 特装版 が発売しました 世界樹5 裏ボスを撃破! >>