紅魔郷 攻略 STAGE6

道中
ばら撒き毛玉
左右から米弾をばら撒く毛玉が沢山出てきます。
左右どちらかの端で、毛玉を退治すると撃たれる弾も減り、更に寄った方からの攻撃もない為、まさかの被弾率が低くなります。

全方位自機狙い妖精
全方位に米粒弾を発射する妖精が2匹~4匹出てきます。
とはいえ、自機狙いなので、左右にチョン避けするだけで回避できます。
でも、たまに妖精が突っ込んでくる事があり、それでジタバタするとピチュる事があるので注意。
最後の4匹が、いっぺんに出す所で、俺は「本当に当たらないのだろうか・・・」と不安になり、
結局手を加えて落ちたり、ボムを使う事がしばしばありました。

中ボス 十六夜咲夜さん
5STAGEで頑張った咲夜さん、目が真っ赤になってます。

通常
5STAGE最初の通常と同じ感じですが、クナイ攻撃が異なります。
画面中央付近で、攻撃をしつつ向かってくるクナイを避ければ、案外早く終わります。
下の方に行くにつれてクナイは広がるので、画面下の方だと非常に避け辛いです。
6STAGE最初の方なので、プラクティスで練習しやすく慣れやすい。

奇術「エターナルミーク」
速度に差がある弾をランダムで乱発するスペルカード。
ランダムなので、向かってくる弾を避けるしかないです。
気合避けの場合は、発射された時点の軌道を見れば避けられますが、非常に難しい。
ストライクしそうな弾が来た時は、大人しくボムを使います。
ボムを落とすのでプラスマイナス0です。
でも、ボムの使用が早すぎると生き残る時があるので、ある程度は避けないとダメかも(

ボス レミリア・スカーレット
スカーレットと聞くとタカビーなイメージがあるが、別にタカビーではない。

通常1
赤大玉と青玉をまんべんなく発射する攻撃です。
画面下で左右に赤大玉を避けると良いのですが、青玉が赤大玉にイイ感じにくっついて来る事があるので、注意が必要です。
また、お決まりで赤大玉の外枠には当たり判定がないのですが、ギリギリで避けようとすると
ピチュります、青弾もあるので尚の事です。
避けられそうにない赤大玉+青玉キター!! な時は、迷わずボムを使いましょう。
ここは、レミリアの一番最初でプラクティスで到達しやすいので、練習が有効です。

天罰「スターオブダビデ」
ダビデといえば・・・(マテ
行動範囲制限のライン状ビーム+ビーム交差点からの青玉攻撃
ビームには、近づかないようにする。
行動範囲が狭いところ広いところがありますが、レミリアを狙える場所or安全に回避できる場所に移動しましょう。俺の場合は、前者です。
非常に多くの玉が流れてくる事があったり、誘導ミス(後述)したりと結構ミスしやすい所です。
ちなみに、2回目4回目といった偶数回の攻撃は、自機狙い要素があるようです。
なので、撃たれる直前(ラインが引かれる辺り)に↑から↓に移動すると、玉が斜め上に飛んで行き攻略しやすくなります。
でも、ミスしそうな時はボムを使用しましょう。

通常2
・大赤玉+赤玉の自機狙いを一定間隔に4発(?)
・右から左に180度の範囲に一定間隔で大赤球+赤玉を5発(?)
・右から左に180度の範囲に一定間隔で大赤球+赤玉を5発(?) 発射数は自信ないので(?)
上記を上から順にやってきます、4回目は自機狙いに戻ります。
1回目の自機狙いは、引き付けてそのまま避けます。
慣れてない場合は、左から右に移動するだけでおkです。
2回目3回目は、赤大玉は弾道固定、赤玉はランダム要素があり(?)です。
これは発射中は、レミリアから後ろがお留守なので、玉が来てない方から後ろに回りこんで、
正面に戻るで対応できます。
ただ、レミリアが画面上端にいると、この手は使えないです。
赤大玉は、弾道固定なので、射線が読みやすいので避けましょう。
遅れてくる赤玉は、弾速が遅めなので避けやすいですが、慣れないうちは練習です。

冥符「紅色の冥界」
紅魔郷をクリアする上で、最も難関の一つだと思います。
動かなければ当たらないらしいが、何処で動かなければ当たらないのか、未だに不明orz
衛星が外に外れて行くような軌道を持った赤米の挟撃+降りてくる赤米
ある程度攻撃して、挟撃赤米が迫ってきたらボムを使用します。
攻略法が分かるまでは、気合避け厳禁。今の俺でも気合避けできませんでした(1月現在)

通常3
回転しながらナイフを発射(螺旋状)
発射の仕方はともあれ、レミリアの攻撃では一番楽な攻撃です。
ナイフの1発目を避ければ、あとはそのまま避けられます。

呪詛「ブラド・ツェペシュの呪い」
突っ込んで玉砕される「アラド・バランガの呪い」に注意。
良~く曲がるナイフ(強調)→ナイフの軌道上に赤玉を配置→赤玉が流れてくる
画面中央ちょい下のセオリーな位置にいると、良~く曲がるナイフ(強調)の影響を受けやすいが、画面一番↓だと、良~(以下略)が直線軌道になっており、非常に避けやすいです。
流れる赤玉も比較的避けやすく、ホーミング霊夢以外なら、3セットくらいで終わります。
ただ、たまに流れる赤玉が群れを成して向かってくる事があるので注意が必要。
でも、レッドマジックより少ないので、何だかんだで避けられます。

通常4
米粒撒き散らし攻撃→ワインダータイプの赤大玉攻撃→ワインダータイプの炎玉攻撃
まず、米粒撒き散らし攻撃ですが、降りるに従って加速するので怖いです(
紅魔郷における、降りて加速する米粒攻撃の最高峰なので、他への応用が利きやすいです。
攻略法として、慣れ・・・というより、上のほうに注意を向ける事です。

ワインダータイプの赤大玉攻撃→ワインダータイプの炎玉攻撃
ワインダーと書きましたが、ただ連射されているだけですね^^;
赤大玉にしても炎にしても間をチョンチョン抜ける事で問題がありません。
ただ赤大玉は、当たり判定の関係でミスしやすいので注意が必要です。
最後に、攻撃をしている間、レミリアはコウモリに変身しますが、その最中は無敵です。
攻撃は、レミリアの時にできるだけくっついダメージを与えます。

紅符「スカーレットシュート」
・弾道固定の5WAY赤大玉(中央が自機狙い)+赤大玉をなぞるようにばらける赤玉 2セット
・自機狙いの5個くらい重なった赤大玉(狭い3WAY)+赤大玉をなぞるようにばらける赤玉
・弾道固定の5WAY赤大玉(中央が自機狙い)+赤大玉をなぞるようにばらける赤玉 2セット
上から順にやってきます。
まず最初の5WAY赤大玉の自機狙いを避けます。
すると遅れて出てくる、赤大玉をなぞるようにばらける赤玉 を避けます。
この時、避けている最中に2項目目が来るので、そこが難しいです。
避けている最中に次の攻撃が来るのがこのスペカの難しいところでしょうか。
自機狙いという事で、うまく玉を誘導して避けるというのが、テーマなのだと思われます。

スカーレットシュート終了の時点からレッドマジック発動の間、次のレッドマジックのHPを削る事ができます。
しかも、普通にレッドマジックの間に攻撃するよりも多く削る事ができます。
ですが、ここで注意が必要なのは、スカーレットシュートをボムで終わらせない事です。
ボムで終わらせると、その時点でレミリアはボム無効のコウモリに変身してしまい、
HPを削る事ができなくなります。
なので、スカーレットシュートがダメな人は、レッドマジックで挽回を狙うか、スカーレットシュート発動直後にボムを使用して、ギリギリ残るようにするのが良いです。
まぁ、これはおまけなので、狙わないのも一向です。

レッドマジック
ノーマルレミリア最後のスペルカードです。
ブラド・ツェペシュのナイフが赤大玉になり、赤大玉の軌道が直線的になります。
流れとしては・・・
赤大玉を全方向に発射→赤大玉軌道上に赤玉を配置→赤大玉が画面端で跳ね返る→
赤玉が流れてくる となります。
大赤玉発射には3パターンがあり、大赤玉の数とスピードが違います。 
大赤玉が跳ね返る以外は、ツェペシュと要領が同じですが、画面一番下では全て回避不能。
赤玉の動きを良く見ることが大事です。
クリア狙いでボムが余っている場合は、迷わず使うこと。
霊符の霊夢の場合は、レミリア周辺の赤玉を消しておくとダメージを与えやすいです。

攻略法は、気合・・・が大きいですが、画面下に行った赤大玉は跳ね返ってこない事、
諦めずに流れてきた赤玉に合わせて移動すると活路が見出せる事がある という事を念頭に置くと幾分か楽になります。
ついでに、ボムがなくなり完全に気合避け状態になると、案外避けられる事があり、
俺ってニュータイプじゃねwww とか思える事があります。
俗に言う火事場の馬鹿力のようです。
なので、ボムを使い切っても諦めない事が重要です。
[PR]
by metal-animal | 2008-01-25 16:29 | 東方紅魔郷 攻略
<< 紅魔郷 攻略 STAGE5 さざえさん >>