東方小説 1章その2

東方projectの二次創作小説です。
オリジナルキャラクター、設定の独自解釈があります。
特に自分の東方を幻想郷を大事にしたい方は、無理をして見る事はありませんので、
そこの所を宜しくお願いします







女性の後ろを付いて行く、私にはそれしかできない。
延々と続く廊下を何処までも歩いて行く。
何処まで続いているのだろう?何処へ続いていくのだろう?そして此処は何処なのだろう?
状況は未だ全く理解できていない。
目の前を・・・・・・先を歩いている女性も見た目こそは人間のメイドさんに見えるものだが、
実は妖怪変化の類ではないだろうか。
それでも、私は目の前の女性に付いて行くことしかできない。
その手にナイフが握られている限り・・・・・・。

前に後ろに、彼女が歩を進める度に前後するナイフが突然に光る。
彼女の唯一の脅威であるナイフを見つめていた私は、その異変に逸早く気が付いた。

窓だ。

この何処かも分からない場所で始めてみる窓。
私はナイフから目を離して、窓の外の世界へと目をやった。
外は暗い闇・・・・・・どうやら夜のようだった。
暗い空には黄色く丸い月が浮かんでいる。

「・・・・・・?」

どうした事か、一瞬だけ月が赤く見えたと思う。
改めて月を見てみたが、月はやはり黄色を呈している。きっと気のせいだろう。
そうして私は、窓から見える外の世界を一望する。
規則正しく木や花が植えられた庭園、その先には城門のような壁が並んでいる。

窓から見えたのは、ここまでだった。
相変わらず、この状況は理解できないが、ここは何処かの城の中で、外にはちゃんとした世界が存在している。
それだけ分かっただけでも多少気が楽になったかもしれない。
しかし、それでいても目の前の女性の手にはナイフが・・・・・・ない?

「えっ・・・・・・」
思わず小さく声が出た。
目の前の女性に聞かれたのではないか、急に振り返り、冷たい笑顔を浮かべ襲ってくるのではないか、そういった恐怖を感じながら、私は女性の背中を見る。
女性は気付いていないのか、それとも気にも留めていないのか、何事も無いように歩を進めていた。

「・・・・・・」
やはりこの女性には、何か得体の知れないものを感じる。
それは死人か幽霊のような、人ではない何かのような。

そう考えていると、ふと女性の足音が消えている事に気付く。
こちらの考えて居る事を感づかれた?
まぁ、感づかれた所で、私に何が出来る訳でもないだろうが。

私は彼女から逃げる事はできない。それを無意識に悟っている。
それでも、恐る恐る足を止めた彼女を見る。死ぬのは怖い。


彼女の前には大きな扉があり、彼女はコンコンと扉をノックしていた。
5秒・・・・・・だろうか、ノックしてからは少し間が空いた。
私はこの間に大きな扉ではなく女性の方を見ていた。
勿論、扉の方も気にはなる、が、何よりも目の前に確かに存在する女性の存在感に気を惹かれたのだと思う。
着ている服の上からでも、彼女のきれいな身体つきが良く分かる。そして、先程のナイフのように鋭く光る銀髪に少ししか見てはいないもののその顔をとても整っていた。
彼女を一言で表すなら「瀟洒」とでもいうべきだろう。

私も女性として、彼女のようにありたい・・・・・・とは、幾度となく思ったことだろう。
[PR]
by metal-animal | 2009-04-21 22:46 | 東方幻想入り小説 | Comments(2)
Commented by 兎と亀マスク at 2009-04-24 01:58 x
metal-animalさんこんばんは!
東方小説2話まで読みました。2話の最後で主人公が女性であることが明かされましたね。咲夜さんを「女性」といっていたり、モノローグでのしゃべり方がやや固いので主人公は男性かな?とか勝手に思っていました。
主人公の正体も気になります、ただの一般人なのか、それとも咲夜達みたいになにかの能力を持っているのか。どうして紅魔館にいるのか、とか、気になることだらけです。
続き、楽しみにしています~!
Commented by metal-animal at 2009-04-25 00:08
こんばんは。
モノローグが固いのは置かれた状況を表しているつもりですけど、何分技量がないのでそうは見えていないと思います^^;
まぁ、そこは読む人が自由に想像して貰った方が楽しいと思いますので、
敢えて当初書いたままにしてあるのですよ。

主人公について、どうして紅魔館にいるのか等は。追々に出していきます。
それが何時になるのかは分かりませんが、答えはちゃんとあるのです。
まぁ、何にしても楽しみにして下さっているのは励みになります、頑張ります、うん。

最後に、自分も入れ替わり小説は楽しく読ませて貰っています。
個人的には、レミリアとフラン、レミリアと咲夜さん なんて組み合わせも面白いと思いますね。
レミリアがフランと入れ替わってフランの苦労を知ったり、咲夜さんになって日光を気にせずに外で暴れるとか想像するだけで面白いですよw
<< レミリアおじょうさま・・・ばん... もう少しでもダメだと咲夜さんが... >>