6月のくわがたむし

もう少しでお店のアメリカ産ヒラタクワガタが1周年を迎える。
コイツが来たのは去年の6月だった・・・・・・。
9月のシーズンオフまで生き残った。
この時期にはゼリーも店に置かなくなったので、餌を与える事も出来なくなった。
そして11月になった・・・3ヶ月間餌を与えていない。
恐る恐るボトルの中を覗いてみると、コイツは生きていた。
3ヶ月間餌を与えていないのに生きているとは・・・まったく恐ろしい奴だ。
そして12月になって、流石にお店に出しておく事もできなくなったので、
お店の事務所にボトルを移動した。
餌にはバナナの切れ端をいれてやった。数日もしたら腐っていた。
熟したというべきなのだろうか。

年末年始、そして2月、一年で最も寒い時期。
俺が今パソコンを操作している部屋と同じくらい小さいその事務所は質素でとても寒かった。
でも、コイツは生きていた。屋内という事で寒さが多少緩和されたのだろうか。
セアカゴケグモでも電話ボックス内でなければ日本の冬を越せないというのに、
コイツは質素な事務所で日本の冬を越してしまった。まったく恐ろしい奴だ。
あのゼリー同様に土も交換不能でもはや沼のようにどろどろしている、それなのにだ。

そうして今日までコイツは生きている。明日もきっと生きるだろう。
あぁ、そうだ。コイツが6月まで生きたら、新しい虫かごにカブトムシの土を自腹で買ってやろう。
この俺に腹を切らせるとは、やっぱりコイツは恐ろしい奴だ。

a0083924_21395975.jpg

数日前に描いたものの、描いた事を忘れていました^^;
これもきっと無意識によるものだと思われます(マテ

ずっと小説創作の勉強をしていて、絵の練習は全然しなくなりました。
もっとポーズとか二人以上の絵も描きたいのですが、現状ではこれが限界です。
とはいえ、人並みには上手く描きたいので、そこそこは練習していきたいですね、うん。
[PR]
by metal-animal | 2009-05-24 22:23 | | Comments(0)
<< 漫画 獣の奏者 1巻 金属動物と時代小説 >>