清原のイメージが変わりました。

a0083924_21591669.jpg

以前から興味があった巨人のラミレスの自伝と見た瞬間にビビっときてその場で手に取ってしまった清原の自伝を買いました。

共に少しだけ読んでみましたが、少しだけなのに、とても勉強になりました。
小説を書くにも説得力が必要です。
その説得力を出すのが、リアルの体験なのです。
とはいえ、ここまで幸福な時を過ごしてきた自分が、大したものを書く事など出来る訳がないのです。そりゃあ、そうですよ。例えば、実際に戦争を体験した人と、史実を基に文章・・・・・・小説にした人とではどちらの方が戦争ものとして評価されるかというと、勿論、前者なんですから。最近の戦争を題材とした小説、何処か釈然としない・・・仮想でしかないというのはこれが原因なんです。

まぁ、完全なものを書きたいなら戦争にでも行って来い という事になりますけど、
無論、そんな事は余程の人でもなけりゃしようとは思わないでしょう(笑)
だから、最低限な・・・それについて調べる、知るくらいはしないといけないんですよ。


・・・とちょっと話が逸れましたが、俺が今日買ったこの2冊の本に俺は、自分の知らないものを求めているんですね。挫折に成功・・・それがどういったもので、どういった経緯の末に得られる(遭遇する)ものなのか・・・それを知りたいのですよ。一応、自分だって、挫折の一つや二つくらいしてきたと思いますが、それでも、もっと厳しい状況で挫折をしてきた人っているんです。そんな人と俺が同じ題材で小説を書いたとしたら、どっちが評価が得られるか・・・というと上記と同様に厳しい経験をしてきた人に決まっているんですよ。

だから、そんな俺にできる事・・・それは知ることなんです。
挫折や成功だけじゃなくて、日常の些細な事でも、それを見て知ることなんですよ。
只単に、文章や設定を練ってるだけじゃ良い小説なんて書ける訳がないのです。
小説を書く上で、ものを言うのは知識ですね。少なくとも俺はそう思いますよw

a0083924_22242259.jpg

(クリックで多少綺麗に見えます)
以前から、描きかけだった絵を完成させてみました。
下書き段階で余り良く出来てなかったので、レポート用紙をくしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てようとしていましたが、そうならずに、最後まで描けて良かったですよ。

前々回の『絵』タグの射命丸は、これの下書きを描いた後に描いたものです。
やっぱりくしゃくしゃにして捨てようかな・・・でも、このみすちーのポーズは良いなぁ・・・
と思って、それを射命丸に描き変えたのがあの絵なんです。
2週間くらい机の隅に放置されてたのに、本当によくもまぁ最後まで描けたものですよ。ハハ。


さて、ちょっとお詫びなんですけど、ちょっと一昨日辺りから、調子を落としていて、
最近は寝ている事が多い俺です。
なので、小説を読む事は出来ても描く事や動画を見る事は、できていないんですよねorz
1日3本程度ずつでもこまめに上げようと思ってやっているのですが、どうにも厳しいです^^;
今日も、明日の為にコレを書き終えたら、何もせずに休むつもりです。
悪くして数日でも未だ高熱が出ていないので、多分インフルではないと思いますが、
まぁ、上橋先生の『狐笛のかなた』や夏目漱石の『三四郎』もまだ途中ですし、
今日買った2冊もありますので、まぁ、ゆっくりとしたいと思います、うん。
[PR]
by metal-animal | 2009-10-15 22:45 | | Comments(0)
<< 東方小説 5章その1 東方バトン。 >>