東方風神録EX 攻略メモ 祟符「ミシャグジさま」編

東方風神録EXのラストスペル、祟符「ミシャグジさま」の攻略メモとなります。

さて、ミシャグジさまといえば交差弾幕ですが、このミシャグジさまの交差弾幕には大きな弱点があります。自分の場合は、これを意識する事が慣れ以上に効果的だったという事がありました(

全てのプレイヤーの方に効果があるかは分かりませんが、一つのやり方として紹介したいと思います、うん。



a0083924_21343616.jpg

まず、簡単に言うと、交差弾幕の弱点とは交差した直後に間が出来る事です。

画像の中の青枠内の米弾を見てみると、交差している最中だというのが分かります。
この交差が終了すると時間にして0.5~1秒程度は間が詰まる事はないんです。

画面下の方の魔理沙の上(自機の当たり判定のすぐ上)の交差米弾を見てみると、
もう交差が終わって間が開こうとしていたりしています。
この間(かん)、この間を抜ける事で半分くらいまでは無傷でいけると思います。


後半になるとペースが厳しくなってきますが、基本的にやる事は変わらず
・・・といってもかなりキツいですが、ここの部分で慣れが生きてくるんです。
50%の攻略と30%の慣れ、後の20%は運――これがゲームの全てです、たぶん(マテ
a0083924_21555353.jpg


とにかく、重要な事として2点です。

・自機周辺(画像1枚目の赤枠内)だけを見る。画面を見る範囲を絞る。
(見る範囲は小さければ小さいほどやりやすい)
→見る範囲を広くとっても避けるのは正面の交差弾だけなので。
(交差した先の交差状況を予め見ておくのは効果的)


・交差を見逃さないようにする。
→交差後は必ず間が出来る。

操作ミスを除いてミシャグジで被弾する人の大半は、無闇に感覚で交差している弾幕の間を抜けようとしていると思われます。
(交差直前の弾と弾の間が狭まる状態(逆ハの字)の時に抜けようとするのは難しいです)
必ず 交差する前 より 交差した後 を抜けるようにします。

a0083924_22115840.jpg

下手ですが、参考までに置いておきます。
赤が自機の当たり判定で、左右の緑が交差する弾幕です。
一応、抜けられるようには見えるものの、リアルタイムで弾幕は動いており、
リアルタイムで間が狭まっているので、被弾する可能性がかなり高いです。


東方においては、このリアルタイムというのが非常にミソで、
抜けられるスキマも弾の微妙な角度でスキマが狭まると抜けられなかったりします。

どの弾幕でも抜ける際は、余裕のある所を抜けるように・・・そして、それを見る力が重要になってくるんですね。↑でも書いた通りに見る範囲を狭める事(注意する弾をある程度限定する)事で、結構見つけられます。

(弾を見る範囲については、今現在メモを作成中ですので、詳しくはそれでやります)


話が逸れましたがこの2点を意識しておけば、ゲージ半分以上は無傷――そこから直前に貰えるP(4.0くらい?)を全て抱えずにピンチで発射していけば、1被弾以内に倒せると思います。
そして、上手くいけば取得も狙えるので、頑張って攻略・クリアしましょう。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-18 22:20 | 東方風神録 攻略 | Comments(2)
Commented by broken-range at 2010-01-19 00:08
「ミシャグジ」苦手だなあ……。
発狂までは無傷でいけるけど、発狂後→チキンボム連打モードに移行してしまいます(苦笑)
残機はある程度残して到達できるので、取得狙ってみようかな。
攻略記事参考になりました!次も楽しみにしていますね(星さんとか無理……orz)
では。
Commented by metal-animal at 2010-01-19 22:09
>broken-rangeさん
どちらかというと操作ミスの方が来ますよね、ミシャグジさま。
とはいえ、当初は余りの出来なさに『永遠の無理ゲー』とか嘆いていたので、『永遠の無理ゲー』を『操作ミス』まで縮められたのは本当に進歩だと思いますよ(笑)

星先生は独鈷だけ無理ゲーです。
他は頑張れば出来るレベルまで来てますが、普通にやっても難しいです、うんorz
<< 口で言うより、動かないとダメだよね。 パルスィ全快! >>