2010年 02月 28日 ( 1 )

リアルさこそが説得力。

東方二次創作「夢幻」 無許可商業活動事件まとめ
各方面で騒がれてたので、調べてみました。
ルールがあるから創作ができるという事を忘れることなかれ。

そして、関わった絵師さんは募金などをしてケジメをつけるべきですね。
俺だったら・・・まぁ、苦い顔をしてやりすごそうとするけれども、
そういうのってやっぱり気持ち悪いからね・・・
そう報告してブログにでもアップするのが、応援してくれる方も自分自身も
気持ちの良い生き方だろう。

まぁ、何をやるにも早急だけど、それくらいの気概は見せて欲しいものだね、うん。


小説の書き方のこと
たまには小説のお話でもしてみようと思います。

俺は小説を書く時は・・・
小説で主人公の心理などを書く時は、とにかくリアルを追求するようにする。
・・・を心がけています。
(あぁ、前半部分は要らないかな『リアルを追求する』です)

何というかな・・・小説というのはキレイごとになりやすいってのがあるんです。
たとえば、道ばたに誰かが倒れている・・・とすると何を思うかというと

A.大変だ!助けよう
B.気持ちわるぅ。放っておこう。
C.貴方が考えたそれ以外の何か。

・・・だと思います。
そして、殆どの場合、普通の人はBを選ぶでしょうね。
・・・でも、ぼーいみーつがーるにしても、非日常突入にしても、
それだと話が進まない訳で・・・。
なら、そうすれば良いかというと、Bの気持ちの描写を入れつつAの行動を取らせれば良い。

D.うわっ、気持ちわるぅ。でも放っておけないぞ。助けよう。

ここで初めて、Dという選択肢が出来ます。しかも、このDという選択肢はストレートなAやBより意外性を持っているんですよ。
個人的にABCD…と思いつく選択肢の一番後に来るものがBestだと思います。
・・・とはいえ、そんなことばっかりやっていても、面白くない訳で・・・

だから、使い時も考えなければなりませんな。
ここぞと言う時に使うものなのですわな。


・・・と、何の話をしていたのか忘れかけてしまいましたが、リアルの話です。
小説の中では奇麗ごとばかり書いてないで、たまには自分が思う本音の部分も書いてみようということです。
(ちなみに、今日の記事の5行目は割と俺の本音です。)
(もしそうだったら募金も本気でやるかもしれないですね(ぉ )
[PR]
by metal-animal | 2010-02-28 22:09 | Comments(0)