カテゴリ:東方上達法( 4 )

花映塚で小町を使ってみた。

a0083924_21375194.jpg

ちょっと小町で花映塚Lunaに挑戦したのですが負けてしまった。
敗戦はゆうかりん2回、霊夢2回、えーき2回(ラスト1回含む)だったかな・・・
正直、ゆうかりんと霊夢に2回ずつ負けたのが効きましたorz
特にゆうかりんはEXとボスアタックのコンボさえ気をつければ負ける相手ではないと
思っていたのに2回も負けていた・・・。
霊夢に至ってはマッチLunaで毎度相手をしていて慣れているのに2回も落としてしまった。

一重に甘く見ていたのと、小町の使い方に慣れていなかったのが敗因かな。
大体、Stage6あたりまでは順調でこれは結構使えるのではないかと思ったのですが、
相手が強くなる・・・というより弾幕が激しくなるにつれてボロが出てきた・・・。

小町の最大の特徴は吸霊にあります。
この吸霊は画面全体に及ぶもので、1回吸霊ないし低速を行うと、画面内の幽霊を
全て活性化状態にできるというもの。
当然、その中には打ち落とす事ができないものが出てくるんですよね。
だから俺としては、吸霊はまず正面に幽霊を据えて行うこととして、その上で余った幽霊を
落とすということをやっていました。
a0083924_21523119.jpg

ちょっと即興で撮ってきたSSですが、こんな感じです。対戦相手はみんなが大好きなみすちー。
しかし、プレイしていて一番難しいと思うのが幽霊を手元まで寄せ難いということ。
俺の場合は、弾幕を抜ける際に吸霊による低速モードを多用します。
俺も昔はそうでしたが、花映塚では低速モードで妖精の出現率が半分くらいに減るという
デメリットがあり、常時、低速を控えるようにしていたものです。
恐らく、花映塚が苦手な人の大半は気軽に低速モードを使っていないと思われます。
気軽・・・とまでは行かなくとも、結構低速モードに頼らないと避けきれない部分が
多々あります。
(多分、上手い人でも低速を使わない人はいないと思われます)

・・・と、ちょっと話が逸れました、小町の吸霊の話です。
俺の低速モードの多用の弊害として、幽霊が手元に寄らない(画面下の方に来ない)というのがありました。
幽霊が手元に来ないとどういうことになるかといいますと、
a0083924_2261921.jpg

こういうことになります。
手元に飛んでくる粒弾が消せず、厳しい弾幕を避けることになります。
こうなると大概C2が使えずに当ります。

詰まる所、良いところで吸霊を使うのが小町を上手く使う近道だと思います。
個人的には活性幽霊を妖精の着火に使ったり、その逆をしてやるのが良いと思うのですが、
どちらにしても使い慣れなければ上手くはできないようです。
メインは魔理沙でバリバリやっているものですが、やっぱり魔理沙はC1や特技が強すぎるので、これでバリバリ言わせても面白くないんですよね^^;
少しずつ小町を使ってみたいと思います、頑張ります。
[PR]
by metal-animal | 2011-03-04 22:13 | 東方上達法 | Comments(0)

花映塚でみすちーはとても使いやすい!

a0083924_2274748.jpg

ちょっと気晴らしに花映塚EXをみすちーでクリアしてきました。

落としたのはメディスンと映姫さまで1回ずつだったかな・・・
案外、あっさりクリア出来たのはみすちーが使いやすいからだろう、うん。

・・・ということで花映塚でみすちーは使いやすいです。
何処が使いやすいかというと、
・吸霊(範囲)
即座に前方に出るのでパッと幽霊を活性化できるということ。これが強い。
霊夢のような展開までに時間が掛かる吸霊だと、展開している間に幽霊の直撃を受けることが
あって、こういうのは個人的に好きじゃないです。
俺が愛用している魔理沙もパッと展開するタイプで吸霊のタイプで使用自機の向き不向きが
分かれることもあると思う。
とにかく、みすちーはパッと前方に広い範囲の吸霊を出せるのが強みです。

・C1チャージ(リトルバタリオン)
前方に鳥型のショットをばら撒くC1です。
みすちーC1の最大の特徴にして欠点というべきか・・・とにかく威力が低い。
イメージだと1羽ぶつけて妖精を倒せないくらい。リリーはとても倒せない。
しかし、このC1チャージが余計な敵を倒さずに済むという点が強いです。

花映塚ではとにかく白弾を消したりする関係で、妖精の撃破(導火線への着火)が
とても重要になる部分が多々あります。
その中で余計に妖精を倒してしまうと、思うように白弾が消せず、上手い人でも
避けることが出来ないくらいのヤバい状況を生んでしまうことがあるんですね。
(みすちーのC1の(威力に関して)対極の位置にいるゆうかりんを使ってみると
分かることがあるかもしれません)

だから、余計に被害を出さないC1というのは結構使い勝手が良いんですよw
使いようとして一番なのが、
吸霊展開→C1とか、

☆ C1チャージ→ダメそうな弾幕が→そのままC2チャージ

・・・辺りです。
一番と上げて二つあるのは置いておいて、特に後者は強いです。
余りその境地には至ってないですが、上手い人同士のC2合戦はもっぱらコレのはず・・・。

だから、みすちーを使いこなすことは結果的に花映塚の上達に役立つと思われます。うん。


・・・しかし、その一方でみすちーの攻撃力(C2,C3、EXで相手側に送る弾の速さ)がかなり低いので、対人では滅法弱いです。
個人的に、ダラダラと迫ってくる弾幕は苦手なタチですが、ダラダラと迫ってくる分だけ
ダメなときの対策が間に合ってしまうことが多いです。
とはいえ、それでもみすちーの使い勝手はとても良いので、使いようでは多分、
勝てることもあるんじゃないかと思います。主に耐久勝負や弾を避けることが好きな人に向いています。

とにかく、花映塚に慣れたい人はみすちーで慣らしてみるのが良いと思います。
興味のある人はどうぞ。
[PR]
by metal-animal | 2011-02-19 22:53 | 東方上達法 | Comments(0)

東方花映塚 攻略メモ

東方花映塚の攻略メモ・・・というより、どのようなプレイを心掛けると上手くできるかといったコツとなります。自分も以前は、花映塚を自分には向いていない・・・として、EX攻略をも投げていた時期がありました。
これの原因というのが・・・

不規則で激しい弾幕を避ける事ができない

・・・でした。
無数に振り注ぐ送り弾(青とピンクの妖精の爆風で消せる弾)、
それに他のゲームと違った操作性(吸霊によるスローモード)、
など、これらの事に慣れる事ができず、本当に無理ゲー状態。

EX攻略は勿論、隠しキャラを解禁する事もできないだろうと思っていた俺ですが、
色々とピチューン!を重ねて、何とか隠しキャラを解禁、更にはLunaをも攻略する事が出来ました。

これに至るにどういった事を意識していったのか・・・今回はそれをちょっとメモしていきたいと思います。

More
[PR]
by metal-animal | 2009-10-28 18:30 | 東方上達法 | Comments(0)

東方の上達法 その1

あぁ・・・エラーで記事が吹っ飛んでしまったorz
まぁ、あの内容なら吹っ飛んだ方が良かったかもしれないなぁ(
今回はプレビューを出してないので完全に飛んでしまったのですが・・・
しょうがないので、東方の基本の話でも・・・。
とりあえず、東方での話しなのでこれが他のSTGに応用できるかは不明です。
そこの所はご理解下さい。

自機狙い、偶数弾・奇数弾について
[PR]
by metal-animal | 2008-10-22 23:01 | 東方上達法 | Comments(0)