<   2010年 01月 ( 40 )   > この月の画像一覧

戦争の全容なんて分かるもんじゃないね。

ふぅむ・・・新聞読んでいて載っていたんですけど、中国の軍拡が凄いらしいねぇ・・・。
俺として思うんだけど、軍拡なんてして何が面白いんだろうかな。
兵器を作ったとして、その使い道なんてのは戦争だけだし、
この狭い地球の中で兵器の量で競い合って何の意味があるのだろうかな。

俺みたいな作家やスポーツ選手は、自分達の国でNo1になれば、次は世界を目指すものだけど、戦争の場合、国同士の戦力の競い合いでNo1になったとして、次に目指すのは果たして何だろうかな?

答えとして何もないんじゃないかと思う。
宇宙を目指して、宇宙人相手に戦争を挑む・・・なんて事がない限りはね。


まぁ、そんな訳だから、いくら軍拡を進めても後に残るのは始末に困る兵器だけ、
そんなものを作るくらいなら、もっと人類の生活において役立つものを作ればいいんだよね。
・・・ってあぁ、それが戦争の道具になっているのが歴史だったかね、そうだった(笑)


ついでに、(映画の)アバターが反米とかで非難されているらしい。
やっぱり露骨に実在する国を馬鹿にするような内容のお話は作ってはならない(笑)


東方の迷宮
a0083924_2045285.jpg

すいかん。
好きだからPTに入れてるんだけど、何かぱっとしないんですよね・・・。
戸隠山投げも倍率のせいか他のメンバーよりダメージが出ない。

個人的な戦略として、アタッカーは自身にバフを掛けるくらいなら1回でも多く攻撃しろ!というのがあるので、基本的にミッシングは使わない。
(バフを掛けるのはそれ専門にやらせておけば良いとも思っています)
だったら、妖夢の方がよっぽど向いてると思うんだけど、俺の趣向が向いてない(

ちなみに装備は、獅子心王の魂が3つ。
以前はシャトルボディが1つ付いてたんだけど、ミッシングの出番が余りに無いので、付け替えました。今後、状態異常耐性と能力アップアイテムが手に入ったら、付けてあげようと思う。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-31 21:00 | Comments(4)

幻想入り 感想 1月30日

幻想入りの感想です。今回は・・・

・姫ちゃんたちが幻想入り 第1話
・えふえふギルがメッシュの幻想入り 第八話 後編
・幻想考察記6話

・・・の3本です。

More
[PR]
by metal-animal | 2010-01-31 00:32 | Comments(0)

チャクラ宙返りを買おうと思ったけど思い留まりました。

とある魔術の禁書目録は科学が倒錯してる糞アニメ39にあった最新刊の予告が最高すぎる。

>ロシアより、第三次世界大戦の宣戦が布告された。

なんでやねんwww
何かもう色々と可笑し過ぎて鎌池の人格を疑わざるを得ない・・・
というかダメな奴だというのは分かりきってたんだけどね(笑)

とにかく、よくも(実在する)他の国の人を貶めるような話が書けるものだ。
もしこれが韓国や中国だったら、リアルで戦争を起こされかねない。


そういえば、今週のHunter×Hunterは見事な冨樫でした・・・。
コマ割りも細かいし、それに台詞も心理描写も細かい。
この調子で頑張って欲しいものだけど、そろそろ面白いバトルが見たいような気がする。
最近は実力差に超えられない壁が多すぎて、天空闘技場やゲンスルーの時のような面白さがないんですよね。
そろそろゴンがまともに戦える主要敵キャラが出てきて欲しい所なんだけど、
今の所じゃそんな奴はいないwww
[PR]
by metal-animal | 2010-01-30 22:42 | Comments(0)

東方小説 6章その4

東方projectの二次創作小説です。
オリジナルキャラクター、設定の独自解釈があります。
特に自分の東方を幻想郷を大事にしたい方は、無理をして見る事はありませんので、
そこの所を宜しくお願いします

6章その4 スタート
[PR]
by metal-animal | 2010-01-29 22:38 | 東方幻想入り小説 | Comments(2)

折り返し地点までもう少しだね。

もう少しで応募用の小説が書き終わります。
出来栄えとしては掛かった時間が短いだけに余り良くないけれど、
まぁ、掛けるだけは書けただろうか。

問題があるとすれば、原稿用紙に書き下ろした際に枚数制限を突破しそうな事かな。
B5レポート用紙の原稿を原稿用紙に下ろすと、予想としては3~4枚は掛かる。
つまり、手元の原稿10枚を原稿用紙に写すだけで、30~40枚は掛かってしまうのだ。
ちなみに今回の制限枚数は原稿用紙50枚。
そして、今書いている原稿Noが15番。3枚ならば45枚、4枚なら60枚(既にオーバー)

・・・ってか、3枚でもかなり際どいんだけどどうすれば良いのだろう(笑)


さて、ちょっと頑張りすぎてしまって気持ちが悪いorz
作家信条として、自分の書いたキャラクターに辛い思いや頑張る事をさせるなら、比例して自分も頑張るように心掛けている。
心掛けてはいるのだけれど、やはり人間なので何処かしらに綻びが生じるのは言うまでもない。
うーむ、やはり俺はまだまだ・・・と思わざるを得ないね。

ちょっと↑の理由で東方小説が更新できるか分からないのですが、
出来る限り頑張ってみようと思います。
更新できなかったら、明日のこの時間に延期になります。
どうぞ、宜しくお願いします、うん。


追記
東方小説を更新しました。
今回は、色々と大変な回で二次創作ならではのネタが入っています。
それが成功かどうかは分かりませんが、どうぞ、お楽しみください。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-29 21:30 | Comments(0)

もっと早く東方に出会えていたら何が変わっていただろうか?

鬼平犯科帳がとても面白い。
何が面白いかというと、時代を生きた人を活き活きと描けている事、
次に、そんな人達がどのような物語を作っていくかに興味がそそられる事が挙げられる。

さて、突然に話は変わるけれども、今日の朝の読売新聞の話。
その記事の中に、2010年を読書推進の年としようという話がありました。
そして何より気に止まったのがこの文でした。

>10代の時に司馬遼太郎の作品を読んでいたらどれほど良かったか

なるほど、これには俺も大いに頷いてしまいましたね。
俺ももっと早いうちに東方に出会えていたら・・・とはよく考えているものです。Win版の最初の作品である東方紅魔郷が頒布されたのが2002年、この時の俺は高校生でネットゲーム真っ盛りで東方なんて全く言葉も聞かなかったですからね。

そんなこんなでネトゲを続けて、大学3年の時・・・東方風神録が委託された頃に、ネトゲの友人が話して聞かせてくれたんです。
(もっとも東方に関しての出会いは、まだ他にありますが)
そうして創作意欲をかき立てられ現在に至る訳ですが・・・やっぱりもっと早く東方と出会って創作の勉強をしたかったなぁというのがありますね。


とはいえ、創作を始めてから今の状態に至るまでもかなりの時間が必要だったのも事実。
正直、創作を始めた当初のレベルと今のレベルとでは精神的にもかなり上がっていると思います。そうなるに至ったのも努力うんぬんというよりも、やはり上を目指そうと思った事、変わろうと思った事に起因していると思います。

人は変わろうと思うと変われるんですね。
逆に変わろうと思わずに居れば、ずっと何も変わる事はできないんです。努力をしてもね。


・・・とまぁ、ちょっと話が脱線しましたね。
話を新聞の記事に戻しましょう。
結果的に、読書というのは変わろうとするきっかけだと思うんですね。
↑の方にある「10代の時に司馬遼太郎の作品を読んでいれば良かった」というのも、
10代の時に司馬遼太郎の作品を読んでいれば、きっと、もっと早くに人生が潤った・・・
そういう事じゃないかと思うんです。

まぁ、10代の時に20代の時に読んで感じられたものが感じられるかというと定かじゃないんですがね・・・損じゃないと思うんですよ。
そんな訳で、読書は大事なんです。頑張って沢山読みましょう。


それと、こういったこの記事を通して司馬遼太郎に興味を持ってみたり。
鬼平犯科帳の時もどうだったけど、作品との出会いというのは唐突にして積極的にだね。
その場その場がリアルに勝負。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-28 22:35 | Comments(0)

俺の読解力が低いのか、それとも・・・。

『神さまがいない日曜日』を10数ページ読むのに1時間掛かった・・・^^;
じっくりじっくり読んでみたけど、すんなりと読めないんだよね。
余計な事ばかりが詳しく書かれていて、書くべき所が全く書かれていない感じかな・・・

たとえばだけど、最初の夜の山道を歩いている所で、『転ぶことはあり得ない』とか書いてあるんだけど、その理由が『アイはどの木にどんな鳥が住んでいるのかさえ知っていた』ってなっているんですよね。そんな事を知ってても全く転ばない理由にはならないし、そもそも転ばない理由だったらもっと適当なのがあるはず――『山道の凹凸』とか『毎日通っていて熟知している』だとか。

それに12ページの『不意に畑から頭を持ち上げた老人がいた』というのもありまして、ちょっとこれには理解に苦しみましたよ。
何というかな・・・言いたい事は分からなくもないけど、やっぱり分からない。
そもそも『不意に―がいた』っていうのはどうなんだろう?
見たことも聞いたこともなかったから、何度も口に出して考えてみたんですけど、
全然分からないんですよね。これだったら、率直に『突然』とか後ろに『不意にー気付いた』ってした方がすんなり読めると思うんだけど・・・。
『不意に頭を持ち上げた老人がいた』・・・うーん、どうなんだろ。


他にも色々思う事はあるんですけどね。一概に俺が正しいとは言えないからね・・・。
もしかしたら、未だに俺の知らない表現の方法があるのかもしれないし、
そうだったら勉強しなければいけない。
そんな訳で、気になった所は逐一メモを取って調べるようにしているんです。
そうする事で結構得るものはありますからね・・・しかし、この本は気になる所が多すぎる。
俺の読解力の問題かなぁ・・・普通の小説を読んでもメモを取る事なんて殆どないんですけれどね。


東方の迷宮
やっとこ2本目の菊刀・菊龍征をげっと!
2本目を拾わないとゲームを先に進めないと心に誓ったのは良いものの、一向に出る気配がなくて、もう2本目は諦めてゴールしても良いものかと思ってしまった。
結果的に2本目を出すまでに800回くらいエンカウントしたと思います。
途中でどのモンスターが出易いのかを確かめる為に、モンスターのエンカウントを数えていったんですけど、飽きて途中で辞めました(
カウントしだだけでも500回。その結果だけでも載せようと思います。

ダイアモンドナイト×73
雷神の使途×78
蒼き流星SPT古代兵×55
冥炎魔天×80
エクスキューショナー×66
運命の三姉妹×75
ペタグレイン×67

カウントミスで合計500回にならなかったのが残念ですが、こんな感じでした。
個人的にはレイズナーが出難いと思ったので、多分そこそこは沿っていると思います。
ちなみにドロップの方は、全部で・・・

スコルージ×8
天雷の斧×5
神霊結界×8
カレンデバイス×1
古龍の大宝玉×3
リボン×2
ペールゼンファイルズ×2
菊刀・菊龍征×2
宇宙筋肉×5(くらい?)(拾った分が把握できていない為)

そして最高レベルが271。多分本編ラスボスは楽勝になってしまっただろう。
まぁ、俺はもうプラスディスクの方を見てるからラスボスは問題じゃないんですけどね・・・しかし、ダンジョン最下部の1個目のボスの目標レベルが400なんだよね、コレ。
隠しラスボスに至っては600以上って書いてあるし・・・どうなってるんだろw

とりあえず、これから19Fを攻略して本編ラスボスを倒します。
まぁ、多分楽勝だろうけど、これで負けたらアホ丸出しですよな(笑)
[PR]
by metal-animal | 2010-01-27 22:28 | Comments(2)

何気に漫画を買ったのは数ヶ月ぶりくらい?

a0083924_224484.jpg

ふと古本屋さんに行ったら、水沢めぐみ先生の漫画があったので買ってみましたw
水沢めぐみ先生といえば『姫ちゃんのリボン』という漫画がありまして、
俺はその漫画が大好きなんですね。
引越しの際に殆どの漫画を棄ててしまったものですが、このシリーズはこっちの家に持ってきたんですよ。それほどに特別な漫画なんです。

水沢めぐみ先生の優しいというのかな、暖かいものを感じるのです。
俺もこんな絵を描きたいものだけど、どうにも時間もないのよね、ハハハ。


そして、普通の本屋さんでは『神様のいない日曜日』を買った。
富士見ファンタジアの大賞作品らしいけど、パラパラと見た感じ、中身はまともそうだったので手にとってみましたよ。
最近、思うのですが、ラノベって無駄に難しい文章にして崩壊してる印象があるんですよね。
難しい言い回しとか表現を使うのは良いんだけど、まず日本語として間違っているというかな・・・やたら長々と説明していつまでも文書が切れなかったりとか、前後の趣旨が繋がってなかったりとか、そういう印象を受けるのをたまに見るんですよね。
(俺の場合、ラノベを読む事自体、たまになりつつありますが^^;)

兎にも角にも、小説は気取る必要性なんてないんですよね。
文章を書く意味は相手にイメージを伝える事が重視な訳だし、たとえ刹那。とか書かれても、全くイメージが出来ないというかな・・・言うなれば丸投げなんですよね。
(ってか、こんなの一世代前の表現ですかね。一昔前のテイルズの小説みたいな^^;)

何はともあれ、正しい文章を書く為には、活字を沢山読むと共に、文章を書く勉強をしないといけないんですよね・・・こっちも少しずつ頑張らないとね、うん。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-26 22:41 | Comments(7)

早苗ぼん。

a0083924_227161.jpg

a0083924_2272324.jpg

a0083924_2273182.jpg

久しぶりに東方風神録本編を魔理沙Bで挑戦しました。
4面でかなりミスしてしまい、かなりやる気が削げてしまったものですが、
それでも一応、ラスト一個手前のスペルまで行けましたw

個人的に風神録は2面が一番難しいと思います(
6面も勿論なんだけど、2面は出来そうで無理な雛のスペルがダメ過ぎる。
「大鐘婆の火」とか「厄神様のバイオリズム」とか、
普通に見ても当たりそうなんだけど、当たらないと思った時でも当たるから困る。
雛の弾幕には自機に反応する磁石が仕込んであるに違いないと思う、
それくらいに近寄ってもカスらないで当たってくるという・・・。

ついでに、皆が大好きな早苗ぼん。
普通に避けても当たる「一子相伝の弾幕」と「サモンタケミナカタ」が凶悪すぎる。
気持ち程度に避けようと左にチョンしただけで当たるとかマジキチ。
あんなんフルーツ(笑)とか許早苗!とか言ってる場合じゃ断じてねぇ・・・
幻想郷でもっとも恐ろしい部類の弾幕の片鱗を味わえるぜ・・・早苗ぼん。


さて、とりあえず、抱え無しで6面開幕で3-2くらいあれば、何とかクリアできそうな感じなので、ちょっと頑張ってみようかと思います。
ちなみに、今回の6面到達時のライフは0-2でした。
途中で取れるPを駆使すれば、それだけでラストスペル手前まで行けるので、頑張れば・・・。

追記
勿論、魔理沙Bのレザマリバグは封印してます。
3.00~4.00の時は低速移動を使っています・・・まぁ、多少は当たってる事があるかもしれないですが、基本的にスペルで霊撃を使う俺が3.00以上をマークし続けるという事は困難なのでありましたとさ(
[PR]
by metal-animal | 2010-01-25 22:25 | Comments(0)

あるあるwwwで終わらない想いがここにある。

何という事だ・・・カーソル無しのバックスペースで完成間近の記事が吹っ飛んでしまった。

あるあるwww

・・・で片付けたいネタだけど、結構な量を真面目に書いただけにそのショックは計り知れない。何か穴埋めを考えなければならない・・・。
うーん、何があっただろうか?今日は朝から夜までずっとバイトでこれらしい面白い事はなかったんだよねぇ。困った困った。うんうんうん。


・・・そうだな。ここだけの話でもしてみようかな・・・。
実の所、もう少しで東方小説のストックが無くなってしまうんです。
今までは常に20枚以上のストックがあったものですが、今はもう10枚切っているかな・・・。
まぁ、本編自体はもう数ページで終わります。それが本編の全てです。
正直に・・・今書いてる(続いてる)ラストバトルは凄い難しいです。
書かなくちゃいけない部分の殆どを書き落としている感じも・・・って、これだとダメな所の予防線張ってるみたい、俺として、こういうのは大嫌いなんですよね。

でもまぁ、難しくて苦労しているのは本当かな。
「ここはこうだろう」っていう指摘や批判もあるだろうし、すごい怖いんです。
でも、それだと何にも書けないから強い気持ちとキャラの事を想いながら何とか書いている・・・そんな状態です。

それでも、物語はもうすぐ終わる。盛り上がる盛り上がらないは別としても、気持ちを込めて書き上げます。良くも悪くも、最後は納得そして満足して終わらないとね・・・頑張りますよ、うん。
[PR]
by metal-animal | 2010-01-24 22:37 | Comments(3)