<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

グリフォンからフィギュアが届きましたw

a0083924_22154674.jpg

グリフォン(あみあみ)より、レミリアとパチュリーとサナAのフィギュアが届きましたw
このうちで新しく出たのはサナAだけです(未購入ですが神奈子神も出ています)
とはいえ、レミリアもパチュリーも再販の予定が立たずに居る中で、
こうしてクリアverでも販売されるのはあの時期に代えなかった人達にとっては
幸いといえましょうな、うん。
a0083924_22223271.jpg

新旧、レミリア比較です。
左のレミリアは2~3年ほど前だったかな・・・初めて買ったフィギュアですね。

最大の違いは眼の色です。
クリアverは目が黒地で目元のインパクトが大分変わりました^^;
自分も例大祭のカタログにコレが載っていたときは、
これは初期のレミリアに修正が入っているか・・・?
と思ったものです。
とはいえ、眼の形は全く変わっていない・・・ただ色と塗り方が変わったくらいのものでした。

映りの悪い画像ですが、それでも結構分かりましょうか。
同じようだけど中々違います。
(パッケージは新旧で新の方が若干上に上がっているようです)


後、それと本体、肌色が結構変わったかな。
旧レミリアは明るい肌色をしていて、普通の肌色なのですが、
新レミリアの方は前回発売されたような色の白い肌色なんです。
グリフォンの技術の変化か・・・いや、ただクリア素材に合わせた色彩なんですかね。

とにかく、これにより黒い目や口元、それにクリア素材の青めの髪が際立っています。
a0083924_22161934.jpg

話は変わってサナAです。
グリフォンのフィギュアにしては正面を向いています(ぉ
(グリフォンのフィギュアは下を向いているものが多いです)
髪の緑色も中々綺麗で、肌色も(一応)人間らしく血色の良い明るい色をしています。
見所は、大きく振り上げた右腕から見える腋と、服から覗くおへそ、
それにパンツなので下からなら太ももが見えます、うん。
全体的に白と青と緑・・・中々爽やかで明るい感じに仕上がっています。


パチュリーは全体的にクリアーです。
紫色のクリアーは中々に綺麗でとても良い感じです。そして何よりも個人的には赤と青のリボンが良く出来ていると思います。
パッケージの賢者の石も綺麗に派手で見応えがあります。


さて、大体こんな感じです。
個人的にはどれもとても良く出来ていて好きな人は手にとっても悪くはないと思います。
ただ・・・
ちょっとレミリアは髪が部分的に濃かったり、ウェーブ掛かってたりで、
塗る人も難しかったのかな・・・雑な部分が見受けられました^^;
多分誤差の範囲だと思うのですが、まぁ、こんなものですかね。

お店で買う人はちょっと注意すると良いかもしれないですね。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-30 23:13 | Comments(0)

twitter。

twitterでの発言に責任とかそういうのを求めるんですかね^^;
ちょっと東方スレを眺めていたら、東方の同人作者さんが二次創作について聞こえの悪いことを言ってしまって炎上したという話を聞いたんですけれども・・・。

はてさて、発言の良し悪しはともかく、俺としてはこれは可笑しいと思うんですよね。
冒頭にも書きましたがtwitterでの発言だし、言い換えれば、ちょっと何気ない会話が
外へ漏れたのと同じようなものなんですよ。
それを曲解誤解して晒しあげるというのが不気味というかな、面白くないと。

それにですな。所詮はそりゃ個人の考えに過ぎないんです。
日本に世界、多くの人が居るんです。それだけ居れば色々な考えがあるもんですよ。
内容の良し悪しはおいて置いても、ああいった発言はそういった考えを文章にした一つに過ぎないんですね。


・・・とはいえ、何を言っても良い訳じゃないですね。
ツイートをすると、それを見る人間は確かに存在するということ。
そしてそれを見た人間は、一体何を思うだろうか・・・ツイートする側はこれは考えないといけない。
ネット媒体、顔も姿も見えない匿名の場とはいえ、相手のイメージはきちんとあるということ。
良い例として、twitterでは相手にとって不快なツイート(R-18、愚痴、暴言など)をするとリムーブやブロックをされる訳ですよ。
まぁ、それはそうですよな。周りのことを省みずに自分勝手な言動をする人に近づこうと考える人がいるかというとそんなことはないですから^^;
駅で自分勝手な行動をして周りに暴言や暴力を振るいそうな雰囲気のある人と、関わりたいと思うかと言うとそんなことはありませんよw


さて、ちょっと話が逸れました。
ともかくもね・・・自分の考えを外へ出しておいて、それが叩かれたからって撤回・謝罪するのがどうかと思うんですよね。
twitterだとその発言文字数の少なさ故に、
「そういう意図で言ったんじゃない」
と言い訳したりする人が多いようですが、それだったら、きちんと自分の考えをまとめる
くらいのことはしても良いと思う。
東方同人の方も、何かしらの考えがあってからこそ、ああ発言したものだし、
責任とまでは行かなくとも、自分の考えを貫いたり、相手に理解させることは
しても良いはず・・・。

しかし、それをせずにあっさり自分の非を認めてしまうあたり、
自分の考えが足りなかった・・・では済まされない、最も最低な部分に落ちてしまうのでしょうな。それも創作者・・・作家なら、尚の事、これについてはしっかりしていなければいけないんですけれどね・・・うーむ。


あと、話は変わりますが、6月発売分のグリフォンのフィギュアが発送されたようです。
メールでは明日か明後日くらいには届くそうなので、とても楽しみです、うん。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-29 22:11 | Comments(0)

東方茨歌仙の特典!

a0083924_22105459.jpg

若干生き返ったそうなので、画像をアゲアゲ。
左がメロンブックスの紙製ファイル、右上がアニメイトのクリアしおり、
そして右下が東方茨歌仙コミックとなります。

メロブの特典は単純に大きいので、額に入れて飾るには丁度良いのかも知れない・・・見ての通り、鮮やかな色彩があずま彩というべきだろうか。
とはいえ、アニメイトのクリアしおりも捨て難い。
自分は今まであずまあや先生のイラストや本はノーマークだったのですが、
それだけに3人も描いているのはとても貴重に思われます。

他のところでは、唯一サナAが描かれているのもありますが、
やはり3人も描かれている特典はアニメイトだけです。
・・・そして紙製じゃないのもアニメイトだけだったと思う。
a0083924_22111166.jpg

特典のアップです。
大体こんな感じなので、参考にどうぞ。

a0083924_2211211.jpg

そして噂のサイくん。
この顔で「決めたよ母様(かかさま)」とかいうのだから可愛いですね。
いずれも昨日書いたとおりシングル購入ものなので、1枚は地力で当てたいなァ・・・
ついでにイズナさんも欲しい。


明日、29日はいよいよグリフォンの6月のフィギュアが出荷されるそうです。
クリアのパチュリーは未だに持っていないのでとても楽しみです、うん。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-28 22:30 | Comments(0)

茨歌仙を買いに秋葉原に行ってきました!

今日は茨歌仙を買いに秋葉原へ行ってきましたw
空は白色曇り模様で、一時期雨が降ったものですが、それっきり降らなくなったので、
大体いつもどおりに楽しむことが出来ました。

とりあえず、自分が買ったのはメロンブックスとアニメイトの茨歌仙となります。
いつもなら画像を載せてやりたいところですが、まだちょっと携帯が回復しないもので・・・
昨日と同じく文面でお知らせ致します;
・・・本当は画像を載せたいんですけれどね。それができなくて若干凹んでもいます・・・
多分今週末か明けあたりに復活するかな。それまで我慢や。


まぁ、それはそれとして、メロンブックスの特典はペーパーファイルです。
小町と華扇が描かれたちょっと大きめのファイルですね・・・。
茨華仙のコミックは大体、他の一迅社の東方コミック(三月精など)と同じサイズでして、
それを1.3~1.5倍くらい広げた大きさになります^^;
色彩が艶やか・・・というかなんとも妖しい感じです、うん。
裏面には余り模様はありませんが、小さな華扇とお燐の・・・なんていったかな、
ああ地霊だったか、青いオーラを纏ったガイコツが描かれています。

アニメイトの方はクリアしおりですね。
華扇と霊夢と魔理沙の3種類で1枚のシートに収まっています。
絵柄はそれぞれ、↑の順番で笑顔、泣き顔、済まし顔・・・かな。
他のショップでの特典が紙製のものが多い中でクリアなしおりというのは、
中々面白いです。
アニメイトの場合は透明ビニールのブックカバーも付けてもらえるので
これまたあり難いところです、うん。

ちなみに、他のショップの特典はそれぞれ

・とらのあな → 華仙の紙コースター
・ゲーマーズ → ブロマイド

・・・だそうな。東方Wikiでは他にもまんが王とWonderGOO、それにamazonで特典が付くそうですが、まぁ、自分には知らないところです(ぉ


それと話は変わりますが、秋葉原駅電気街出口 正面のラジオ会館が7月10日・・・あたりで閉鎖するようです。その話は前々から聞いていたのですが、今日は探しものがありまして、いざ入ってみると、もう中はガラガラで廃墟みたいな感じになっていました^^;
なんだか悪いことに連れ込まれたら、誰も助けに来てくれないなぁ・・・なんて考えるほどに閑散としていて怖かったw
そんな訳で、何処かへ移転したと思われるイエローサブマリンを探していたのですが、
その旧ラジオ会館の隣に新しいラジオ会館が出来ているのを見つけまして、
そこにイエローサブマリンが入っているのを発見しましたw

ないと思っていた華雅乱舞トレカのバラ売りとか、トレーディングフィギュアなどが
ありまして、改めて世界の広さというか・・・
全国の色々なものがこの一点、秋葉原にあるんだなァ・・・と実感しましたよw
まぁ、結局探していたものは別の所にあったのですが、やっぱり探せばあるんですね^^;

ちなみに探していたのは神羅万象チョコの白面のサイ(くん)のシングルです。
最近、コレばっかり頭にありまして、昨夜は夢に出てきたほど・・・(ぉ
それで1枚200円、サイくんは可愛いのだが他の♀キャラの方が割かし高値。
しかし、ちょっと値段シールがガチで張り付いていて、剥がすと粘着汚れが付きました/(^o^)\
でもまぁ、コレクション目的でもないし愛でるのが目的ですし、本物は1枚自分自身で当てたいので!そういうことにしておきました。とりあえず、サイくんは可愛い。


それで後はもう1週同人ショップを眺めて帰ったかな。
今回も中々楽しい秋葉原遠征でしたw
[PR]
by metal-animal | 2011-06-27 21:30 | Comments(0)

恋のまほうは魔理沙におまかせ!3 に行ってきました!

恋のまほうは魔理沙におまかせ!3に予定通り、一般参加してきましたw

今朝は起きたら9時になっていまして、久しぶりにちょっと寝過ごしてしまいました^^;
(8時30分頃に起床で、9時頃に家を出る予定でした)
なので、起きたら魅魔Qを操作して、すぐに家を出ましたよ。

それでも大まか予定通り、10時30分頃に現地に到着です。
今回、待機列はPIOの2階、空き部屋(?)でした。
その待機列の一番最後尾あたり・・・俺より後ろは外の待機列になったようです^^;
ちなみに列は6列あった模様。
そのうち、1列目と2列目が10時以前に列を作っていたとしてペナルティ、2階最後尾・・・大体自分の後ろの辺りに連結となりました^^;
スタッフさんの話ではカタログにも10時より前には来るな!と明記しているとのこと、9時頃に周辺で騒がれると苦情が出るそうです・・・まぁ、当たり前ですが。

以降もそのペナルティを決めたスタッフさんがイベントに関わっている時は、
同様に踏み切るそうなので、そんなことはないにしても注意されたい。


さて、入場は11時ちょい過ぎです。
大体30分頃に来ても待たずして入れる感じです。
ただ、お目当てのものが残っている保障がないものもあるので、ここら辺は難しいかな。
とはいえ、大体優先して行動すれば抑えることは出来るはず・・・
今回見た感じで早々と完売していたのは・・・

ギロチン銀座さんの無限もこたんグラス
RRRさんのキャンディセット

・・・ですかね。
あとはそんなに完売は見なかったような気がする、うん。


そして自分が主に回ったのは、
みずき先生のSTUDIOはまち組です。
みずき先生の漫画はPixivで毎日拝見していまして、本も手に取らせて頂こうと考えていました。
・・・いましたが、書店で買うよりもイベントで直接一通り手に取りたいなということで、みずき先生のイベント参加を待っていたものでしたw
それで今回、参加されるという話をtwitterで聞いたので、お差し入れを持って、
本を手に取らせて頂きましたw
1巻がなかったのが残念でしたが、とても読むのが楽しみです、うん。

五味苺。さんのタムリンビューです。
五味苺さんは絵も漫画も面白くて、大好きな人ですよw
いつも沢山本を置いているのですが、流石にその場で手に取ると他が取れなくなるので、
ちょっと我慢していたものですが、今回は予定を付けてましたので、
ばっちり本を手に取ることができましたw
新刊もさっそく読ませてもらいましたが、とても面白かったですw

石森さかなさんの石の上のさかなですね。
電車さんと同じく漫画家を目指していまして、個人的に応援しています。
今回もスペースに一緒にいたそうで、お差し入れを渡した時に、
さかなさんはこっちですよ^^; ということがありました(笑)


あとは、くろなさんの新刊や- 四面楚歌さんの年刊ドロワーズが良い感じですねw
くろなさんの(健全(ぉ )本は普通に面白いですし、年刊ドロワーズはえむ/nyagakiya さんの絵だけでも結構ですが、他もほぼ全てが美麗なイラストで構成されています。
特に蓮×メリの秘封ページはとても良かったので、興味のある人は是非ともと思います、うん。


そして退場したのが12時30分頃かな。
全体を3~5週くらいは見て回りましたw
混雑もそんなにしておらず、中々に楽しい時を過ごすことができましたw
曇り空で結構涼しかったものですが、結構疲れましたね^^;
しかし明日は明日で茨華仙の発売日なので、ちょっと出かけなきゃいけないんですよ。
東方ファンには忙しくも楽しみな日が続いていますけど、疲れだけはどうにも
ならないですねw まぁ、明日も頑張ります、うん。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-26 23:05 | Comments(0)

明日は恋まりに行ってきます。

明日はいよいよ恋のまほうは魔理沙におまかせ!3に参加してきます。
大田区産業プラザPIOでの開催でして、とても久しぶりです。
・・・確か、前回PIOに行ったのは4月頃の複合イベントの以来だったかな。
ちなみに都産貿易センターはもっと久しぶりです^^;
覚えている限りで、紅のひろばと魔理沙のイベントがくっ付いてた時だったか・・・。

まぁ、それはそれとして、今回は好きな方々が多く参加しているのでとても楽しみですね。
メロンブックスでは既にいくつか予約が行われているのですが、それらを見ても
とても面白そうな作品ばかりで、一層、心が躍ります、うん。


一応、関東では明日の恋まりは夏コミ前の最後の東方イベントとなります。
全国規模で見れば大(9)州東方祭や名月祭などがありますが、
7月はPIOも都産も東方イベントがないんですね^^;
夏休みもありますし、取れない時期なんでしょうかな。

とにかく、それもあるので明日は特に楽しんでこようと思います。
まだちょっと携帯が調子良くないので、文章だけになりますが、
色々と書きますので興味のある方はどうぞw
[PR]
by metal-animal | 2011-06-25 22:05 | Comments(0)

Pixivにぬえ絵を投稿しました!

Pixivにぬえ絵を投稿しました!

今回のは色々と思うことがありますが、ここはぐっと我慢します。
・・・敢えて言うならちょっと構図が面白くなかったかなぁ^^;
皆、考えることは同じみたいでして・・・投稿後に色々とチェックをしていたのですが、
俺の描いたようなUFOに腰掛けるぬえ絵が多かったですw

それから脱却するには、もっと実力を着けて色々なポーズを描けるように
しないといけないんだけど、どうも今はそんな実力がないんです;
もっと頑張らないとなァ・・・と思い、今に至ります。
もっと頑張らないとなァ。


神羅万象チョコ
最近、神羅万象チョコを買っています。
王我螺旋の章の次のゼクスファクターでちょっと離れていたものですが、
今回の『七天の覇者』の主人公のサイが可愛いので少し興味を持ちつつありますw
なんというか無邪気でどこかアホっぽいところが可愛い。

とはいえ、戦闘モードになると途端に従来の神羅万象っぽくなってしまって、
可愛げがなくなるのも難だなァ。

何だかんだで今までにないようなタイプなのが面白いらしいです。
神羅万象の主人公といえば同じようなタイプでも髪が青で統一されていましたし、
ゼクスファクターだと捻くれていて偉そうな感じが面白くなかったですし。
前作のカイと髪の色は同じですが、性格といい、耳と言い尻尾といい、
色々なものが付いたので、中々に可愛げがあると思います。
・・・というか、サイのおとんがカイでしたっけか^^;

とにかく、サイは可愛いです、うん。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-24 22:23 | Comments(0)

明日はUFOの日です。

明日、6月24日はUFOの日だそうな。
それを昨日の夜に聞いたので、ゴシゴシとぬえ絵を描いていましたw
なんでも6月24日はUFOが目撃された日という話です。
それで東方では UFO→ぬえ でぬえ絵を描こう!な訳ですな。


そんな訳で↑にも描いたとおり、コツコツ描いているのですが・・・
やっぱり思うとおりにならなくて落胆気味ですね;
Pixivに最後に投稿したのは小傘の日の11日。
それから小説を作りつつも、絵の練習はしっかりやっていたのですが、
思うように綺麗になっていない^^;
これはちょっと考えないといけないなぁ、と思います。

まぁ、また少しずつ勉強だな。
こう書いたけど少しは成果は出ている感じだからなァ・・・。
今日は明日の準備をするので、これくらいで失礼します。
twitterであれこれは少しはすると思うので、興味のある方はどうぞ。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-23 21:29 | Comments(0)

バクマン。

ここの所、バクマンが気持ち悪いというかな、違和感ばかりですな。
エイジが自分の作品の片方を切って、別の話でやりたい・・・というのだけれど、
それに対して周りの連中がやめさせない!とかで抗議をしているんです。

以下ちょっとネタバレなのでmore使います^^;

More
[PR]
by metal-animal | 2011-06-22 22:18 | Comments(0)

追憶編。

ちょっと古本屋さんに立ち寄ることが出来まして、そこでちょっとるろうに剣心を読んでいたのですが・・・レベルの違いに驚きました^^;
剣心はもっぱらアニメを見ていたものでした。当時の事情ですが、やっぱりジャンプ漫画は手を出し難かったのがありますね。
月刊コロコロの巻数の少ないコミックは手に渡ったものですが、るろうに剣心やその他の週刊誌はどうにも集めきれず、知っている範囲はアニメで放映されていた志々雄真実のところまで。

さて、そのるろうに剣心で驚いたシーンなのですが、追憶編・・・というのかな、
“人斬り抜刀斎”として京都で威を奮っていた時代の話です。
その描写の激しいことは今まで見たことがないくらい凄かった・・・。
天誅天誅・・・とそれが只管に出てくる場面で、思わず堪えましたね^^;

幕末を舞台にした小説は結構読んできたものですが、ここまで激しいのは見たことがない・・・作者の和月先生自体が幕末を舞台とした小説・・・司馬遼太郎先生の小説が好きということなのですが、同じ小説を読んでいるのに、こうも驚かされたんです。
これは自分が温いからに相違ない・・・。
もっとも“人斬り抜刀斎”たる剣心は特異な存在かもしれないですが、同じものを描こうとしても、自分はその凄惨さを全く描くことができないだろう。

それが堪えたんですね^^;
まだまだ足りない部分がありますが、全然ダメだ。
もっともっと小説を読んで、勉強して、重さをつけなくては・・・頑張ります。
[PR]
by metal-animal | 2011-06-21 22:24 | Comments(0)